コラム

カロンボ-テにお越しいただくお客様の中で、一番多く伺うお肌悩みは、ずばり”毛穴”です。

ただ、「毛穴」と一口に言っても、様々なタイプがあり、自分の毛穴がどのタイプかによって、最適なケア方法が変わってきますので自分の毛穴がどのタイプかを知る、ということがとても大切なのです。
今回は代表的な毛穴のタイプをご紹介いたします。

①毛穴詰まり(角栓)

これに悩まされている方はとても多く毛穴の中に、皮脂や角質、メイクなどが混ざり合って角栓となって詰まり、毛穴を塞いでいる状態です。

その中でも更に様々な原因があり、

・元から皮脂が出やすい肌質
・乾燥していることで汚れが固くなり、毛穴に貼りついている
・カバー力の高いベースメイクが毛穴から落としきれていない

などなど、、、
特に鼻まわりなどの、元から皮脂分泌しやすい部分に多くみられます。

上記の毛穴詰まりが、空気に触れて酸化すると、毛穴が黒ずんで見え、「ブラックヘッド」と呼ばれます。
汚れを取ることが必要なのですが、お肌に合わせた汚れの取り方をしないと効果が出なかったりむしろお肌を傷つけてしまうこともありますので注意が必要。

②毛穴の開き

文字通り、毛穴が開いてしまった状態です。

・お肌への摩擦や乾燥により、キメが乱れて開く
・紫外線や加齢により、毛穴を支えるコラーゲン等が減少して開く
・過去にニキビができ、傷ついた部分の毛穴が開く

などの原因が挙げられます。
①+②の場合も多く、毛穴の開きに角栓が出来てしまったり詰まりがあることで毛穴が閉じられないという状態になることも。

こうなると、肌表面だけでなく、毛穴を支える土台のコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの強化が必要。
毛穴を完全に「閉じる、無くす」ことはできませんが、毛穴の開きを引き締めて目立たなくするためにはスキンケアだけでは追い付かないことも。
食事・生活環境を見直したりお肌に合わせてサロンでのマシンケアをすることもおすすめです。

③たるみ毛穴
②の開きが、皮膚のたるみによって縦長・涙型になっている状態。
②同様、毛穴の土台を強化することに加え、
リフトアップのケアも必要になります。

他にも、細かく分類すると更にたくさんの原因やタイプがあります。
ピーリングやスクラブ、酵素洗顔、毛穴パックなどでご自宅で努力される方もいらっしゃいますが、使い方や頻度、お肌質によっては、更に毛穴の状態を悪化させてしまうことも。
自分の毛穴の状態がどのタイプなのか、知りたい方は是非カロンボーテのプロフェッショナルにお肌を見せにいらしてくださいね。

心よりお待ち致しております。

サロン予約・お問い合わせ

このページのトップへ